TOP 新着情報  Bigサイズ SALE Q&A how to メール  ご注文フォーム
帽子の正しい洗濯方法!
帽子の上手なしまい方!
◇ NO.1 ウールの帽子の洗い方 ◇     ◇ NO.2 一般の帽子の洗い方 ◇
 NO.1 ウールの帽子の洗い方

・ウールの帽子は洗えるの〜? そんなご質問にお答え致します。

・ついついほったらかしのまま、しまわれてしまいそうな、帽子!
・お洗濯可のマークのあるものなら、おうちで簡単に、洗えますよ!

・当店で取り扱っております殆どの帽子は、ご家庭で洗濯できる商品です。
・ただし、なるべく洗濯機はご使用にならず、「手洗い」される事をおすすめ致します。
・また、ドライクリーニングマークのあるものは、クリーニングに出すか、もしくはドライ洗剤を使用して下さい



  [手洗いの仕方]


@洗う!

型崩れが心配な、ツバのある帽子は、ザルにかぶせて洗います!(ザルというのがミソ)
洗面器などに、30℃以下のぬるま湯を入れ、洗剤(できればウール洗い専用洗剤)を少量
溶かし、ザルに帽子をかぶせて、スポンジで洗います。
ザルを使わない場合には、全体を手のひらで押さえ、軽く押し洗いします。
 ※汚れのひどい部分はブラシで叩くようにして洗うと良いでしょう。


A干す!

2〜3回水を換えてすすぎを行って下さい。
タオルで押さえて水気を切ります。または、洗濯機の脱水槽で、約30秒脱水します。
脱水後はすぐに取り出し、形を整え、型崩れしないように陰干しします。

ザルにかぶせたまま、陰干ししても可。
しわの気にならない物であれば、逆さまに吊るしても良いでしょう。
また、帽子の中に、タオルや新聞紙等を詰めて、頭部の丸みを整えてもOKです!


Bしまう!

箱があれば、帽子の中にタオルや新聞紙をつめて、型崩れしないようにして入れてしまいます。
箱が無いときは、ナイロン袋や、紙袋に入れてしまいます。
 ※防虫剤も忘れずに入れましょう。



ネットに入れて、軽く脱水

ピンチで逆さにつるしてもOK!

・ 洗濯取扱い絵表示と注意事項を必ずチェックし、その指示に従って洗濯しましょう。
・ 洗濯機OKでも、ネットの使用をおすすめします。
・ 生成り、淡色製品は、無蛍光漂白洗剤の使用をおすすめします。


トップページへ
 NO.2  一般の帽子の洗い方
◇トミヤの商品の殆どが、ご家庭で手洗いできる商品です。
 当店製作の帽子もすべておうちで簡単に「手洗い」出来ますので、クリーニングに出されなくても大丈夫です。
◇洗濯機可のマークがあっても、なるべくなら、手洗いをオススメ致します。



手洗いの仕方

(1) 大きめの容器に、洗剤を標準濃度になるように入れ、たたんだ状態で洗濯液につけます。

(2) 全体を手のひらで押さえ、20〜30回なじむように押し洗いします。
  ※汚れているところは両手で挟むようにして押し洗いします。もみ洗いは避けてください。

(3) 2〜3回水を換えてすすぎを行って下さい。

(4) 洗濯機の脱水槽に、ネットに入れた状態で、約30秒間脱水します。

(5) 脱水後はすぐに取り出し、形を整え、型崩れしないように陰干しします。

 ---------------------------
 女性の帽子は汗とファンデーション等の汚れくらいで、男性ほど汚れがきつくないので、
 お風呂に入られたような時にでも一緒に持って入って手洗いされるのも良いでしょう。

 皮脂汚れが多い場合は、シャンプーで洗ってみて下さい。簡単にきれいになりますよ。

 どうしても洗濯機で洗われる場合は、短時間でネットに入れて弱水流でお願い致します。
 ですが、素材によっては多少縮む事もございますので、なるべく手洗いをお勧め致します。

 後は形を整えて陰干しにして下さい。
 お買い物のポリ袋に新聞紙等を詰め込んで、形を整えたり、逆さにしてピンチでつるしたり、
 おうちにあるザル等大きさが合えばかぶせて乾かしてしまうのも一方法です。

 普段は消臭殺菌剤(ファブリーズ等)でお手入れされ、汗が付いたり汚れがひどくなったような時に
 お洗濯されれば良いでしょう。
 ご着用なさる前に「防水加工用のスプレー」を散布しておくと、汚れが付きにくいのでオススメですね。

 今は市販のドライ洗剤やドライマークのものでも洗える便利な洗剤等も出ておりますので、難しい素材等
 でもおうちで簡単に手洗いが出来ます。是非お試し下さい。
 ------------------------------------------------------------------------------

=洗濯上の注意=

● 洗濯取扱い絵表示と注意事項を必ずチェックし、その指示に従って洗濯します。
● 洗剤を充分に溶かしてから、洗濯物を入れます。
   (先に洗濯物を入れ、上から洗剤をふりかけると、洗剤が衣料について色ムラになることがあるためです。)
● 濃色の衣料は濡れたまま放置すると、他の洗濯物に色が移る事がありますので、ご注意下さい。
● 濃色の衣料は単品で洗い、すぐに脱水し、すぐに干します。
● 型崩れしやすいものは、洗濯ネットの使用をおすすめします。
● 生成り、淡色製品は、無蛍光漂白洗剤の使用をおすすめします。


      ◎大切なお気に入りの帽子は、大切にお手入れして、長持ちさせたいもの。
        いつまでもきれいに着ましょう!


頑張って、上手に洗いましょう!

ページトップへ